出張先のセクキ◯バでの過激プレイ!?

閲覧数:37 ビュー 文字数:1735 いいね数:0 0件

29歳、コンサル業をしている男性です。

昨年の8月に群馬県太田市へ出張に行く機会がありました。

先方との打ち合わせも無事に終わり、地元の元メンエス嬢の知り合いと食事に。

話を聞くと少し前まで例の新型ウイルスのせいで飲食店は軒並み閉まっていたそうで、このタイミングで出張に来たのはラッキーだったそうです。

それなら夜の街も楽しんで行こうか…と、目の前の美女にマッサージをお願いしましたが、

「もう現役引退してるからw」

と軽くあしらわれてしまいました…まぁ、仕方ないか…(^_^;)

しかし、はるばると群馬まで来て何もしないのはちと寂しい…とのことで、近くにあったセクキ◯バへ遊びに行くことに。

分かる人には分かると思いますが、あの辺りには個性的な名前のお店が多く、色々な意味でニヤニヤとしてしまいます 笑

黒服のお兄様から、

「こういうご時世で女の子が少ないから2回転できないかも…」

と申し訳なさそうに断りを入れられましたが、それはそれで楽しめるからOKと快諾して入店させてもらいました。

10分程待つと現れたのはHちゃんです。

年齢は20代半ば~後半位で、いきも◯がかりの吉岡さん似…お◯ぱいは見た感じだとEはありそうで、なかなか悪くなさそうです。

吉岡「こんばんは~よろしくお願いします~」

僕「こんばんは^^ 吉岡ちゃん可愛いね…デュフフフ」

吉岡「もう興奮してるんですか!?」

スマートに挨拶をキメようと思っていましたが、目の前のぷるぷるお◯ぱいに思わず吃ってしまいました 笑

何とも情けのないスタートに引かれないかなぁ…と若干弱気になっていましたが、ふいに吉岡さんの手が僕の息子の方に伸びてきました。

吉岡「僕さん大丈夫じゃないですねw」

僕「あっ…」

吉岡「元気で可愛いですね~w」

吉岡さんのねっとりとしたボディタッチに息子の方は早くもギンギンに。

某国会議員さんの気持ちが今ならハッキリと分かる気がします。

このままだと主導権を奪われかねない…と、一旦吉岡さんに手を止めてもらい攻守交代。

吉岡さんの浴衣をはだけさせると、たわわに実った色白お◯ぱいがご登場。

ご本人曰く何とFだそうです!

早速揉みしだいてみると先程とは打って変わって吉岡さんの息遣いが荒くなってきました。

僕「吉岡さん興奮してるの?」

吉岡「あっ…ンンン…♡」

吉岡さんの悶える姿に息子も先程に増して興奮してきました。

吉岡さんの乳◯を舐めながら太ももに息子を押しやっていると、場内を貰えるなら口でしてあげるとのお誘いが。

残り時間は25分程で2回転はないかもと言われていましたが、フ◯ラを楽しめるなら良いかとOKをしました。

こっそりと吉岡さんを膝の方へ抱き寄せると早速ギンギンになった息子をぱくり。

いきなり根本まで咥え込んだかと思いきや、不規則な舌の動きがなかなかに心地よい。

個人的には亀◯や裏◯を重点的に責められるのが好きなのですが、小慣れていない感じの舌遣いとセクキ◯バという場所でのシチュエーションに大興奮です 笑

僕「あっ…!ごめん!出る!!」

吉岡「んっ…!?」

もう少し楽しみたかったのですが、不意に上目遣いの吉岡さんと目が合い暴発してしまいました。

若干驚いた様ですが、嫌な顔ひとつせずに口に出した◯ーメンを見せてくれるというおまけ技まで見せてくれました 笑

その後は急ぎ足でズボンを履いてお互いに何食わぬ顔をしながら残り時間いっぱいまで談笑し、再訪を約束してお店を後にしました。

ちょっとしたつもりで入ったお店でしたが、まさかまさかの展開となりました。

セクキ◯バ激戦区の太田は女の子のサービスも過激という話を聞いていましたが、存分に楽しむことができました。

ネットにはこれ以上のプレイを楽しんだという書き込みもありますが、あながち嘘ではないのかもしれませんね。

今から次の出張が楽しみです 笑