初めてのメンズエステ

閲覧数:15 ビュー 文字数:1686 いいね数:0 0件

この体験は、今から3年ほど前のお話です。

私は、今まで付き合った彼女やいわゆるワンチャンといったことは人並みにはしていた方だとは思いますが、そういった大人のお店にはかなり疎く経験がありませんでした。

そんな話を会社の先輩と何気なく話をしていた時に、その方はかなりその手のお店に詳しいみたいで今度のお休みに一緒に行こうと提案をして頂き、初めてのメンズエステへ行く事となりました。

当日お店に着き、初めて紙パンツに着替えるだけでかなり恥ずかしいと思い、知識不足もありましたが早速洗礼を受けた気がしたのを今でも覚えています。笑

担当をして頂いたのは、清楚な見た目の当時同い年の23歳の方でした。

最初に少しお話をしたのですが、その時点でかなり話も弾み健気な子だなと思いました。

早速マッサージが始まり、まずはうつ伏せになり背面をオイルマッサージしてもらいそこでも軽くお話をしながらとても良い雰囲気でした。

すると少しずつ手つきがいやらしくなり始め、鼠蹊部に手を伸ばし始めました。

オイルを上手に利用しながら、でもギリギリでモノには触らずといった感じで、、

もちろん私のモノも我慢できず元気になっていき始めたときに、お姉さんから仰向けの指示がありました。

ニヤニヤしてるお姉さんの顔を見て、わざとそのタイミングで指示をしたなと思うと急に恥ずかしくなってしまいましたが、そこは我慢して何も思っていないかのように仰向けになりました。

すると私のモノを凝視した後に「どうしたの?」と聞かれ、ついごもってしまいました。

そこから仰向けの状態でエッチなマッサージは続き、相変わらずモノには触れず、ギリギリのところでといった感じで私も我慢ができなくなってきていました。

その辺で四つん這いになる指示がでて、私自身そこで女性に初めて四つん這いになり、興奮と恥じらいでもうよく分からない感情になっていました。

それに気づいた私にお姉さんは、「いつも女の子にその格好をさせてるくせに自分がすると恥ずかしいんだー」とからかっているような顔で言われた時には興奮がピークになっていました。

その時に四つん這いの状態の私にいきなりお姉さんの手が私のモノを握り、ゆっくり上下に動かし始めました。

「じゃあこんなのも初めてなんじゃない?」と言いながら、、

もともと我慢していたのもあったのでその気持ちよさは尋常じゃないものがありました。

悶えていた私を見ながら、お姉さんの手の動きは徐々に速くなり始め、私のモノも我慢の限界になり始め、とうとうフィニッシュしました。

その時の気持ちよさは今でも忘れられません。

これで終わりかと思いましたが、、

終わりのシャワーがその時混んでいるからそのまま待つようにとお姉さんから言われ、待っている時のことでした。

お姉さんが、私を押し倒し仰向けになった私のモノを急に咥え始めたのです。

何が何だか分からなかった私ですが、体はどんどん反応していき気づけば、逆にお姉さんを押し倒し、パンツを脱がしていました。

正常位の体制になり挿入しようとした時にお姉さんの顔を見た時に、とろけそうなとてもエロい顔をしていたので、さっきの仕返しと思い、「これがしたかったの?入れて欲しいの?」と尋ねました。

すると、とても恥ずかしそうに

「うん。。入れてほしい。。」

とだけ返ってきました。

さっきフィニッシュしたばかりでしたが、完全復活した私は、何もためらわず奥まで突っ込みました。

あとは無我夢中に欲望のままにお互い求め合い、終了しました。

そのあとすぐにシャワーへ案内されました。私は体を洗い流し場がら本当にシャワーは混み合っていたのかな?と思いながら。。

結局その方には連絡先等は何も聞かず一度きりで終わってしまいましたが、それが逆に良い思い出となっています。

暑い夏の新橋でのことでした。