おっパブでバイト

閲覧数:115 ビュー 文字数:1359 いいね数:0 0件

学生の頃、小遣い稼ぎでオッパイパブでバイトしてた時。

とあるお客さんが余りにも乳首を舐めるのが上手で本気で感じてしまった。

それを見抜かれたか本来はお触りご法度の下半身に彼の手が延びる。

彼の膝の上に跨いでいる状態の中パンツの中まで到達するのはすぐだった。

「グショグショw 感度いいんだね」

自分でもいけないと思いつつ、指で優しくクリを撫でられたらもう止められなかった。

あまりの気持ち良さに彼に抱き着いていたら耳もとで

「イキたいの?」

と聞く。

「イカせて。。。」

と思わずつぶやくや否や、彼の指がヴァギナにすっと入ってきた。

ヒッ!と声を出してしまったがその後はもうわけがわからない。

指を入れられ、かなり掻き回されてイク寸前、潮吹きまくり状態で朦朧としてると、今度はクリを親指で優しく撫でてくる。

いくら死角の席でもお店だし、いつ誰に見られるかわからない恥ずかさもあったが、それがいっそう興奮させた。

その後、激しくイッしまい彼に寄り掛かる。

彼のジーンズは私の潮でビショビショw 渇くまで延長してくれたのはいいが、飲み過ぎて気持ち悪いからトイレに連れていけ、という。

二つあるトイレ奥に彼を押し込み、外で待っていたら、中から彼が私を呼ぶ。

「ヤベー。悪いけど背中摩ってくれる?」

と彼。

ちょっと大丈夫?と言いながらドアをノックした。

開けたら彼が便座フタに座ってるw

飲みすぎだよ、ほら立って、と体を起こそうとした途端、凄い勢いで腕を掴まれ、トイレの中まで押し込まれた。

やだ?何?と私。

いきなり普通の顔に戻り、

「アソコ見せて」

と彼。

酔っ払ってたのは演技だった。

びっくりしながらもまだエロモードだった私はそのまま彼を見つめた。

「ねぇ、見せて」

と再度言われ言われるがままパンツを脱いだ。

便座のフタに座らされ、足をM字に広げられた。

彼はしばらくマジマジ見てたが、いきなり舌で舐めてきた。

びっくりしたけど、本当は一番それをしてもらいたかった私は舐めやすいように腰を浮かす。

大きくなったクリを上下に舐めたり、軽く吸いながら指を入れられた。

最高に気持ちよかった。

グチュグチュの音で更に興奮、でも声は出せないもどかしさ、耐えれば耐えるほど感じてしまい、イクのに時間はかからなかった。

ここまで一切彼のアソコにはタッチナシ。

本当はこのまま入れて欲しかったが、さすがにそこまでは店ではできなかった。

人が来る気配がしたので、慌ててドアの外に出てわざとらしくトイレドアをノックしながら、大丈夫ぅ?と演技。

その間はノーパン。

他のお客にニッコリ挨拶しながら何事もなかったように席に戻る。

そのあと続いて彼も席へ。

「これ、今日の記念に貰っとく」

と私の濡れパンツを見せるので、あげたw

結局ラストまでいてくれた。

その後も店辞めるまで指名してくれたな。

いい客だった。

いまだにオナニーネタで使ってます。