退職記念のソープランド

閲覧数:26 ビュー 文字数:1807 いいね数:0 0件

私は退職記念にソープランドに行きました。

熊本では有名な「エアポート別館」に前日予約をし、当日確認の電話をして、午後1時30分に来店しました。

スタッフからタイプの女性を尋ねられました。

私は久しぶりにきたし、退職記念のことも伝え、「若い人で、かつ、テクニックがすごい人」をリクエストしました。

スタッフは

「承知しました。」

と言って、部屋を出ていきました。

10分ぐらいして、

「〇〇さんの希望の子が本日休みでして、折角の記念日ということなので、「令嬢」の方に準備いたします。」

と言われました。

私は隣の店「令嬢」(エアポート別館とは姉妹店)に案内されました。

しばらくして、エレベーターに案内されました。

そこには、若いかわいいソープ嬢がいました。

部屋に入ると、

「私、美奈代といいます。〇〇さん退職記念おめでとうございます。今日は今までの疲れを癒していってくださいね。」

と言ってくれました。

私が年齢を聞くと

「27歳」

と答えてくれました。

彼女が服を脱ぎだすと、巨乳でした。

そして、私の服を脱がせ、いきなり私のジュニアを口でくわえました。

指で乳首を触りながら・・・。

彼女は口でしごいたり、舌先で亀頭をなめたりしました。

「いきそう」

と伝えると、彼女は入れてといって、私のジュニアを手で握って、彼女の大切な穴に導きました。(ノースキンです。)

私は10回ぐらい腰を動かすと果ててしまいました。

その後、お掃除フェラできれいにしてくれました。

湯舟に一緒につかり、私の体を洗ったくれました。

浴槽の中では「潜望鏡」をしてくれました。

その後、私の体を洗ってくれました。

気持ちがよかったは彼女の巨乳を使っての洗いです。

巨乳で私のジュニアを挟み込んで洗ってくれました。

そして、私の指を彼女の大切な部分に導き、私は指で穴の中をかき回しました。

再度フェラをしてくれました。

今度は音を立てながらのフェラで、亀頭だけでなく、竿、玉、裏筋まで丁寧になめてくれました。

特に、私のお尻の穴を責めながらのフェラは最高で、思わず彼女の口にカルピスを出してしまいました。

その後は私が一番楽しみにしていたマットでした。

ローションまみれの体で私の体の隅々まで洗ってくれました。

彼女は見た目はややほっちゃり系ですが、私に体重をかけないように、洗ってくれました。

やはり、彼女の胸が当たると一段と気持ちがよかったです。

その後、シックスナインの体形になり、彼女の花園をなめたり、指を入れたりしました。

彼女はそのたびに喘ぎ声を出していました。

彼女の花園はピンク色でした。

指をいれると締め付けます。

私のジュニアも復活し、騎乗位で合体しました。

もちろん下から、彼女の巨乳を揉みました。

3回目もあっという間に果てました。

風呂からあがり、

「私が満足した。」

というと、彼女は

「ありがとうございました。退職記念にマッサージをしてあげる」

といって、頭のてっぺんから、首、肩、背中、腰、太もも、足の裏まで、15分程度してくれました。

私は寝そうになりました。

予定終了時刻が近づいたとき、彼女から

「これ、退職祝い」

といって、下着(パンツ・シャツ)のプレゼントと頂きました。

その後エレベーターの中でキスをして別れました。

帰り際、なーなんと女性スタッフから、

「何回いきました?」

「どんなプレーでしたか?」

と尋ねれました。

男性スタッフから聞かれることは今まであったのですが、女性から聞かれると恥ずかしいものですが、正直に答えました。

すると、

「彼女よかったでしょう?若いのにテクニックもあるし、当店ナンバー1で、指名もおおいのですよ。」

と説明がありました。

私は

「最高でした。また、指名しますね。」

と答え、帰宅しました。

彼女からもらったパンツは今でも時々使用しています。