美魔女のメンズエステ

閲覧数:19 ビュー 文字数:1877 いいね数:0 0件

秋ごろに大阪を訪問、目的はメンズエステです。

主にマダム系、熟女系と呼ばれるお店を中心に探し、とあるお店に予約を取りました。

マンションは日本橋方面です。

難波から歩いて行ける大阪ミナミの重要な街、メンズエステ激戦区でもあり、いろんな意味でレベルが高いんだろうなと。

楽しみで仕方ありませんが、どちらかというと緊張の方が強かったかな。

マンション到着後にすることは、当たり前のようにマンションに入ることです。

ですが僕の中では、エッチなお店という印象があるので、見た目普通のマンションなのに人目が気になってしまいました。

オートロック開錠時なんて、初めてエロ本を買う時みたいに汗汗。

しかも、挨拶が返ってこず???。

無言の開錠はよくあることだそう。

その後、玄関先では笑顔で迎えてくれたのでOKとしとく。

セラピストを見て驚愕。

想像してたよりも何倍も良かったです。

目鼻立ちがくっきり整った美魔女、長身でグラマラスなスタイル、バストが半分以上出てるような超セクシー並みにワンピ。

ちなみにバストの大きさは100センチくらいありそう。

僕もそれなりに経験を積んできたつもりでしたが、ご対面したセラピのエロさに鼻血ブーしてしまいそうでした。

大阪のレベルの高さに若干引いてます。

部屋はワンルーム、マットがあって、ソファにテーブル、TVや加湿器など普通の部屋みたいです。

ソファに座ると横には美魔女セラピも座ってきて、距離はとても近いです。

横目で見るとメートルバスト。

さりげないボディタッチは、エステが始まってるんじゃないかと勘違いしてしまいます。

支払い後のシャワー、通常なら強制されるはずの紙パンツは穿かなくて良いとのこと。

「ノーパンでいいってことですか」

の質問に、

「はい笑」

笑顔で返す美魔女セラピです。

「それでは始めます。楽にしてくださいね」

といきなりオイルを使ってのマッサージです。

ただし見た目とは違って前半はひたすらマッサージという印象でした。

脚から背中を終え、期待した際どい箇所のマッサージは皆無という内容、これが大阪か。

なんとなく騙された気分、大都会だからこそこういう店もあるのかな。

半ばあきらめかけたその時

「それでは、脚を横に曲げてください」

と言われます。

カエル脚からの鼠蹊部が始まりました。

おおぉ、本場のエステは凄かった。

鼠蹊部を当たり前のように超えて竿を触ってきます。

触り過ぎッてくらい、竿のマッサージになってます。

その後の四つん這いでも同様、竿マッサージ。

この時454545、イカせようとしている手つきです。

そして悪魔のささやき

「どうぞ、我慢しなくていいのよ」。

瞬間にドピュッ。

あまりのリアクションの良さに美魔女セラピも少々驚いたようでした。

が、次の言葉が

「まだ大丈夫だよね~」。

回復を待つ間は、代わりに僕から逆エステ。

「触っていいですか」

というと、そっと手を取り自分の胸に持っていってくれました。

メートルバストは弾力があって揉み応えが素晴らしい。

そして大人の余裕を見せていた美魔女セラピ、感じる程にMな反応に変わってしまいました。

ちょっと強引に揉み、ちょっと強めに乳首を摘まむと・・・

「ああぁん」

艶めかしく淫らになっていきます。

「下も触って」

懇願する程です。

下はヌルヌル、小さなTバックの隙間から垂れてました。

少しかき回しただけでイってしまった美魔女セラピ、すかさず抱き着いてきて

「来て」

と。

合体の生ハメ成立、もちろん中田氏でフィニッシュ。

強く抱き着かれて抜く余裕なんてまるでなかった。

美魔女セラピの体は凄くピクピクしてました。

エステというか生ハメが終わった後は一緒にお風呂でシャワー。

情熱的に密着してくるので僕もまたもや勃起。

そのままお風呂でフェラしてくれて計3発。

ちょっとエロ過ぎですね。

美魔女セラピは僕のことを気に入ってくれたからとサービ過多の理由を説明してたけど、あの乱れ方はちょっと擽れば簡単に堕ちそうだと思いました。