変態現役ナース

閲覧数:101 ビュー 文字数:1806 いいね数:0 0件

僕の住んでる地域の風俗って言ったらデリヘルです。

最近は店舗数が激減していて、50店舗を割る勢いで寂しい限りです。

僕のエッチライフが先細って行くようで危機感すら感じ始めています。

だからコロナ禍であっても定期的な利用を心掛けています。

そこでいつも利用している熟女店なんだけど、画像が間に合ってない嬢がいたのさ。

そんな嬢、地雷に決まってる。

モテてこなかったけどデリヘルはベテランなのさ、なめんじゃねえって感じでいつもならスルーするんだけど。

なんか身長が170センチくらいあって、そこが気になってプロフィールを覗いてみると、写メ日記はちゃっかりやってる嬢だったわけ。

その写メ日記は結構踏み込んだ内容で日頃の妄想とかエッチな画像を上げてて、僕は思わずそれを見て妄想でオナッてしまうって。

この歳で妄想でオナるって恥ずいのさ。

人に見られたわけでもないのに。

そして読み進めていく内に、その嬢がナースであることが判明。

その辺がプロフ画像をアップできない理由なのだと納得。

出勤日も少ないし、いろいろ辻褄が合うよね。

そうなると強く出会いたい!!となるので後日指名して嬢と無事対面まで漕ぎつけることに成功。

嬢はR子、40代後半でスラリとした長身女性。

年相応の見た目だけど、風俗嬢とは一線を画す一般女性的な雰囲気が、すごく興奮を掻き立てられました。

ショートカットってのも魅力のひとつかと。

明るい性格で話好き、聞けば太鼓のように響いて赤裸々な性事情を話してくれるなどエロエロでした。

特に僕の印象に残ってるR子のエロ話が二つあって、一つは若い患者と出来てて深夜のナースコールがエッチの合図だったこと。

そしてもう一つが高齢のおじいちゃんにフェラして上げてた話。

おじいちゃんになるとトイレに付き添うことが多くなるようで、個室に入って介助して上げてるとヨボヨボなのにアッチが元気になるのだとか。

別におじいちゃんが求めたワケじゃないのに、R子の方が興奮したみたいで咥えてしまったのだとか。

派手なことはないけど、すごくリアルな話で僕も興奮しました。

するとR子から股間を触り始めてきてエロい声で

「興奮したぁ~」

と。

自らも僕の手を股間に招き

「ねぇ興奮してるでしょ?一緒ね」

確かにR子の股間はパンティの上からでもわかるくらい濡れてました。

僕「シャワー浴びてないんだけど」

R子「うふふ、浴びたい?でもダメ浴びさせない。エッチな匂いがなくなっちゃうじゃない」

と強引にズボンを脱がされパンツの上からハフハフ咥えてきました。

形の浮き出たカリ首から裏筋に掛けてションベン臭いパンツの上からレロレロも。

「これがいいのよ。この味が無いと男性を感じられないじゃない」

パンツを脱がされるとさらにアナルまで舐め回してきます。

もちろん穴の中に舌をねじ込むまでがR子のこだわりです。

僕「臭くないの?」

R子「んふっ。大丈夫よ、舐めとってあげる」

常に一歩先行く変態R子。

そんなエロエロプレイに興奮の限界点を迎えてイキそうになると

「ダメ、勿体ないじゃないの」

とパンツを脱ぎ捨てガッツリ生挿入。

瞬時に果ててしまうも、R子は歓喜の膣ウエーブで精子を飲み干してくれます。

そして中田氏された感覚だけでイってしまう敏感体質。

エロ過ぎます。

一回戦が終わると、また素に戻って普通の女性になるR子。

さすがナースってのがシャワーで体の洗い方が上手い、チンポも綺麗に洗ってくれます。

今度はこっちからR子のマン〇を触ると、ヌルヌルで表情が悶えてました。

ちょっと触っただけで、立ってられないくらい悶絶して、そのまま立ちバックの二回戦。

立ってられないのに体位を無理やり維持させてると体がスッゴク反応しててそれもエロかったです。

それからちょくちょく指名するようにしてると、ライン交換をR子から持ち掛けてくれて、いつの間にかセフレになってました。

僕のエッチライフがR子のおかげで華やいでる現在です。