抜き無しメンズエステ店で

閲覧数:167 ビュー 文字数:1978 いいね数:0 0件

最近流行りのメンズエステ。

ただし抜き無店が大人気というのも不可解な話で、そんな疑問を解決するために大久保にある熟女専門のメンエステに伺いました。

どんなものかと試しにメンズエス店を訪問。

事前にネットで調べ、そこのナンパ―1セラピストを指名します。

彼女は43歳。

プロフを見るとなんとも艶めかしい衣装でオッパイは半分はみ出ており、スカートからはパンティの三角地帯がシッカリ見えています。

それから写メ日記には、

「先ほどのお客様ありがとうございます。いかがでしたか、密着の方は?」

と書かれています。

どの角度から見ても抜き有りの風俗店にしか見えないコメント内容に、お店に向かう前から勃起です。

とある平日、仕事を終えて予約時間に入店。

ここはマンションの一室。

ドアを開けると美人で大人の色気満載な妖艶熟女が立っており、下を向くとすぐにでもパンティが見えそうなピチピチなミニスカートは、明らかに抜き有りメンズエステで間違いないことを確信。

初めにウェルカムドリンクをいただきながら、料金説明を受けます。

そこでオプションについて勧められます。

「衣装チェンジされますか?」

と聞かれ、種類はバドガールにマクロビキニ、ブルマー姿。

どれもそそる感じでしたが、マイクロビキニを選択。

それとあわせてディープリンパというコースも頂くことにしました。

その後シャワーを浴び、浴室に置かれていた紙パンツに着替えます。

それからベッドで待つこと数分。

マクロビキニの変態熟女が登場です。

オッパイは乳首しか隠れておらず、パンティも履いている意味が無いほどであり、一気に自分のサオはマックスとなります。

マッサージ開始。

結構プロ並みの指圧であり普通に上手です。

そしてお待ちかねのオイルマッサージ。

べっとりと体全身すり込まれます。

なんだか怪しい手つきに変わってきました。

脹脛から太ももを抜け、尻の割れ目辺りを何度も彼女の優しい手が往復するたびに、腰がピクンピクンと動いてしまいます。

今度は四つん這いになるよう指示されます。

となりにある鏡を見ると、なんとも惨めで恥ずかしい恰好ですが、彼女のデカイ尻を見ていると刺激も同時に感じれてサオの硬直がおさまりません。

そしてアナル周り優しく弄られます。

「そろそろ扱かれるかな」と思った瞬間、仰向けになるよう言われました。

69の状態から彼女の尻を眺めるのは最高です。

そして股関節当たりのリンパをディープに責められ、恥ずかしながら女みたいな声で悶える自分がいました。

タイマーが鳴りました。

終わりみたいです。

これこそ蛇の生殺し状態というモノです。

本日の料金25,000円。

これほど払えばソープでも抜けると思い、彼女へ思わず出た言葉は

「抜きって無いの?」

すると

「ダメよ、初めてじゃ」

と返されます。

「初めてじゃ」の意味が気になりこの日はこれで終了です。

どうも納得いかない日々を過ごしながら、彼女の「初めてじゃ…」が気になり再訪です。

彼女はメチャクチャ喜んでくれました。

そして前回と比べ物にならないくらい情熱的に密着してきては、際どいポイントを何度もサワサワしてくれます。

そこで

「高い金も払っているし、触るくらいいいだろう」

と思い、彼女の尻を大きく撫で回しました。

すると彼女はニコッとして

「悪い子ねー」

と言い、特に拒絶無。

「良し、いける」

と心で思い、オッパイやクリも弄り倒します。

彼女から悶え声が聞き取れました。

そして69の体勢から、彼女は尻を自分の顔に押し当ててきました。

顔面騎乗。

なんとも素晴らしい肉厚を感じる柔らかいお尻であり、熟女のいやらしい香りがとても興奮します。

彼女は腰も振り出します。

自分は少しパンティを脇にズラシ、直にペロペロ。

気が付くと彼女の愛液で顔中ベトベトとなっています。

そして想定もしなかった出来事が起こります。

フェラです。

こんな厳粛なメンズエステ店でフェラをしてくれました。

それはかなり舌が絡みつく、熟女ならではの経験を感じるマッタリフェラ。

ナンバー1になる実力がここ理解出来ました。

そしてオイルをサオに塗りたくられ、最後はテコキフィニッシュ。

やっぱり何度も指名しないと抜きは無いということが判りました。