地方の大衆ソープで

閲覧数:314 ビュー 文字数:2836 いいね数:0 0件

ある地方都市にある指名料込みで3万円弱程のソープで体験した時の話です。

これまで何度か利用したことがあるのでサービスの質などはランカー嬢でも見た目は悪くないけれどサービスは極々普通でこんなものだよねって思っていました。

しかし今回プロフィールを見てなんとなく指名した嬢はそんな印象を覆すそんな体験をさせてくれました。

まず入店し予約確認してオプションの指定は特に何もせず待合室へ通され少し待つと

「番号札41番のお客様」

と呼び出しがありお決まりの流れからエレベーターに乗り嬢の待つ階へ。

扉が開きいざご対面となりました。

体型はプロフ通り身長が150センチでDカップのそれなりに大きい胸に細身のウェストラインで年齢は(プロフから逆算して)20代後半と概ね予想通りでした。

顔は体のサイズの割に顔が大きく正直お世辞にも可愛いや美人とは言えませんでした。

(ハズレ引いてしまったかなぁ……)と内心思っていましたが、初めましての挨拶からその場で嬢の方から即ハグからの即Dキス暫く舌絡め合わせてから

「それじゃお部屋の方に行きましょうか」

と嬢に手を引かれルームの中へ(そういえばこの店いままでこんな事してくれた娘いなかったよな)ふとそう思うと同時に期待も膨らんできました。

「改めまして「りん」ですよろしくお願いします。」

と簡単な挨拶をすませ互いの服を脱がしあい下着姿の状態でDキス

私はりんちゃんの胸を触りつつブラのホックを外し空いた片手でパンツのクロッチを撫でるように触り、りんちゃんは私の股間をパンツ越しに摩ってきました。

りん「固くなってきたので脱がしますね///」

パンツを脱がされ

りん「うわぁおっきいですね///驚いちゃいました」

お世辞とは分かっていてもこう言われるのは男としてうれしいですよね。

りん「それじゃあ舐めちゃいますね///」

なんと予想外の即尺が始まりました。

「うわぁ洗ってからで良かったのに」

りん「大丈夫ですよ~それよりも……」

私の手を取りそのままりんちゃんの後頭部へ、まさかまさかのイラマチオ出来る状態になっていました。

(良いのかコレ?)と思いつつ激しいフェラに快楽が高まり遂に自ら腰を振り出してしまいました。

どちらかと言えば普段はM寄りの私ですが、りんちゃんの目に涙を浮かべ苦しそうにする姿には本当に興奮しました。

とは言え限界が近かったので腰を引き口からイチモツを引き抜きました。

すると

りん「即即も出来ますけどどうしますか?」

「それじゃあお願いしようかな」

コンドームを着けられりんちゃんのパンツも脱がせて立ちバックでいざ挿入

狭い膣内にギュっと締め付けられる感覚と暖かい熱をイチモツに感じながらウェストを掴み腰を前後させました。

りん「おしりも好きに叩いていいですからね///」

そう言われたらやるしかないなと思い軽めのスパンキング。

ペチンと尻肉から弾けるような音と同時に

「ヒャン」

と声を上げ全身がビクッとなり膣内が締まる感覚がしました。

お尻を叩くのが楽しくて腰を振るのが疎かになっていると今度はりんちゃん自ら腰を振り出しました。

パンッパンッと今度は私の太ももとりんちゃんの尻肉がぶつかり合う音がルーム内に響き渡り限界を迎えた私は

「もう限界出すよ」

りん「良いよ///いっぱい出して///」

即即で一回戦目終了と思いきやお掃除フェラが始まりあまりの気持ち良さにすぐに回復してフル勃起してしまいました。

りん「凄いですね出したばかりなのにもうおっきくなっちゃった///」

「りんちゃんが上手なのもあると思うけど、自分でも正直驚いてる。」

このまま口で出すかと提案されましたが一先ず洗い場へ行く事にしました。

小さな身体を全部使って一生懸命洗って貰ってる中でも軽めの手コキを極力忘れないようにする客が喜ぶ事をとことんしてくれる娘だなと感じました。

この時初めて経験したパイズリ洗いは気持ち良かったです。

湯船に浸かり潜望鏡へこの時もイラマフォーメーションになるように手を誘導されました。

次にマット普通の流れの通りうつ伏せから状態からのスタート。

全身リップされているうちにマットは平凡かなと思っていたらそこでりんちゃんならではなのかは分からないけど凄いテクニック発動しました。

上手く説明できるか分かりませんが10本の指をくまなく使いワシャワシャっと玉から竿までローションのヌルヌルもあるのか触手にでも包まれたような感覚になりました。

これが本当に気持ち良くて今まで味わったことの無い快楽に腰がビクビクを浮いてしまいました。

りん「お魚さんみたいに腰がビクビクしてますよ///気持ちいいんですか?もっとしちゃいますね///」

さっきのMモードから一転Sモードになったりんちゃんは更に指を激しくワシャワシャと動かす。

この技の恐ろしい所は滅茶苦茶気持ち良いのに何故か射精に至れない事にあると思われます。

一通り楽しんだのか今度は仰向けになるように言われ仰向けになりました。

正面の全身リップをからフェラしながらコンドームを装着してもらい激しい杭打ちピストン騎乗位で2回戦終了。

流石のりんちゃんこの時もお掃除フェラを忘れないあたり本当に関心してしまいます。

ベットの方に戻りお茶を飲みながら軽く休憩を挟み3回戦目に突入

今度は私の方から攻め全身の愛撫してから69に移行しました。

再び硬さを取り戻したので正常位で挿入。

Dキスしながらの対面座位や寝バック、松葉崩しなど色々な体位を楽しんだ後、最後は正常位でフィニッシュしました。

もう当たり前のようになったお掃除フェラをされていると

りん「今日お兄さんが最後のお客さんだからもう一度出せそうなら顔射しても良いですよ///」

この言葉に興奮したのか私のイチモツはフル勃起。

4回目とは思えない量の精液をりんちゃんの顔にめがけて発射しました。

ここで時間が来てしまい身体を洗い服を着てルームを出る前にハグとキスをしてお別れしました。

余談にはなりますがこの時サービスで冷蔵庫にはいっていた缶ビール2本と缶チューハイをお土産に頂きました。

りんちゃんと遊んでみた感想ですが、確かに容姿だけなら幾らでも良い嬢はいますがこの価格帯のお店であそこまでしてくれるのは初めてで見た目の良さを凌駕するテクニックとサービスっていうものがあるんだなと感じました。