メンエスで2人の嬢と夢の3P体験

閲覧数:215 ビュー 文字数:1992 いいね数:0 0件

こちらは当サイトエロ過ぎる風俗体験談投稿フォームより、長芋(35歳・男性)さんから投稿頂いた体験談です。

メンズエステに行ってきました。

そこは少しお安め設定なのが特徴のお店。

ダブルセラピも予算内に納まるくらい、2人のセラピからエステしてもらえるなんて男なら夢のひとつでしょう。

一人は清楚系のハキハキしたセラピA子、もう一人は新人セラピで大人しめのB子。

個性が際立つ二人組が相手をしてくれるようでした。

主にA子と小生が話をして、たまにA子が

「だよねー」

みたいにB子に話を振る関係性。

感じは良い二人ではあるけど、何だろうな少し堅めなんですよねー。

エロの雰囲気が全く出てないっていうのかな。

普通なら男を視覚的に楽しませてくれる服装をしてるはずなんだけど、胸元は隠れてるしスカートは長めだし。

ダブルセラピと言ってもつまらないエステで終わってしまうんじゃないかとチョット不安。

思った通り、エステが始まっても特に普通。

二人掛かりなのにスピード感ゼロ。

じっくり牛歩かよとツッコミたいけど、普通過ぎてそういうのも言えない雰囲気です。

やっとそれらしき箇所にやってきました。

二人同時に尻を撫でてくれます。

絶え間なく左右の尻肉が満たされる。

ダブルセラピの本領が発揮され始めてる気分。

そしてセラピ達も楽しそう。

この機に乗じてもう少し内側を希望すると、二人で笑ってイケる雰囲気。

次からは尻のワレメを交互に触ってくれるようになりました。

それから鼠蹊部は一人ずつ。

さすがに両方カエル脚になるのはしんどい。

B子が頭の方に来てナデ。

A子の鼠蹊部を楽しむ。

勃起チンポに定期的に当ててくるとか積極性があるね。

一方のB子、膝枕をしてくれて太ももをサワサワしても怒らない。

次はね四つん這いになるんだけど、ここは仲良くフォーハンドが復活しました。

二人で同時に鼠蹊部に手を入れてくると、チンポが両サイドから圧迫されて気持ちいいです。

そして触ってくるのはいつもA子。

A子からB子に

「なんかカタいよぉぉ~」

と伝えてました。

B子は多分指示待ち。

小生はびびッと察します。

「B子ちゃんも確かめてみてよ」

すると

「え~」

とは言いつつ素直に応じるB子。

指示待ちのクセして一度触ると長い。

A子も揉むとか無かったのにB子は揉む。

ムッツリスケベなんだな。

されるがままのうつ伏せから仰向けへ。

良い感じだし小生はもっと楽しめちゃうと睨みます。

ところが二人とも足元に行っちゃうアクシデント。

意気消沈です。

でも上がって来て手を伸ばしました。

A子のオッパイをタッチ。

笑顔で

「え~ちょっと」

拒否はしません。

そしてB子もタッチ

「えっへへへ」

こちらは太もも撫でてますから、されるがままみたい。

意外にも先に反応しちゃったのはA子です。

乳首をコリコリやっちゃうと

「あんっ」

隠せない反応をします。

しかも

「感じちゃうってば」

言葉に出ちゃいました。

こうなると余裕でオサワリを受け入れてくれます。

スカートを掻き分けてパンツの上から刺激すると、凄く温かい湿り気が充満中です。

パンツをずらすのは拒否するけど、結果全然OKでした手マンで即イキのA子がぐったり。

次にB子攻め。

B子は従順、しかもB子もパンツが濡れてます。

二人ともめっちゃスケベです。

控えめに感じるB子は手マンの最中、こちらにしがみ付いてきました。

それが凄くオトコの本能を擽って来て、B子を押し倒しちゃいました。

拒否感ゼロ、そして挿入の確認も特に拒否しなくて、寸前でもう一度確認するも同じ。

入れってってことですね。

B子のマンコはヌッポヌッポしてました。

そしてB子も何か即イキ。

A子と違って脱力してくイキかた。

で小生もと思ったらA子が参戦してきました。

「私にも入れて」

とね。

そういえばA子には入れてなかったね。

小生は女の子を平等に扱いたいです。

A子にも挿入しました。

A子のマンコも気持ちいいね。

そしてA子は自ら腰振るタイプ。

そんなに腰振ると

「ああん気持ちいい」

そんなに腰振ると

「ああんいい」

A子は止めてくれません。

仕方なくA子のマンコに出してしまいました。

いやはや若い子に中出しなんてクセになりそうです。

みんなの風俗体験談投稿募集中

当サイトではソープ・デリヘル・ヘルス・メンズエステなどの風俗店でのエッチ体験談を募集しています。デリヘルやファッションヘルスで本番ができた、ソープ嬢に逆ナンされた、メンズエステで抜いてもらえたなどのラッキーで特別なエッチ体験談をお寄せ下さい!
投稿する