デリヘルで来た娘が…

閲覧数:41 ビュー 文字数:2068 いいね数:0 0件

私は35歳で、男性会社員です。

独身一人暮らしということで色んな女遊びはするのですが、デリヘルで会った娘がセフレになるというラッキー体験をしました。

私はカラオケ機材の営業をしており、取引先との関係で就業時間は午後~深夜でした。

深夜に仕事が終わっても遊ぶ相手なんていませんし、せっかく翌日休みだというのにもったいない。

そこでデリヘルを利用してみたんです。

すると来たのは20歳そこそこの、ややぽっちゃり気味の金髪ギャル。

お名前はマミちゃんといい、芸能人で例えると深田恭子を太らせたって感じです。

デブは嫌いですが、顔は悪くないし許容範囲内の太さだったのでこの娘に決めました。

そして自宅へ上がってもらい、シャワーでも・・・と思った時にマミちゃんから声を掛けられました。

「もしかして〇〇ちゃんと付き合ってたことあります?」

と。

マミちゃんの口から出た〇〇ちゃんは、確かに以前セフレだった事のある娘です。

「会った事ある?」

と尋ねると、

「ハイ、ありました!」

実は以前セフレと一緒に居てる時、マミちゃんから自宅まで送って欲しいとセフレの携帯に電話が入りました。

すでにセフレと一発ヤった後でしたし、セフレ友人はどんな娘か?と思って自宅まで送ってあげた事があったんです。

セフレと家は近いようですし、どうせセフレを送るついでだしな~という事で。

まあ実際はセフレを届けてから、ドライブなんかもしたんですけどね。

でも会ったのはその一回キリでしたし、あの頃とマミちゃんの髪型が変わっていたので全然気づきませんでした。

言われてみれば、確かにその娘の面影はありますしマミちゃん=セフレの友人です。

だからか会って早々マミちゃんとは打ち解け、その後のプレイも楽しめました。

マミちゃんから

「シャワー一緒にはいる?」

と誘われ、お風呂場でイチャイチャ。

お風呂で仁王立ちフェラしてもらったのですけど、興奮度はハンパないですね。

昔会った事のある娘がフェラしてるよ~と感じるからか、普段以上の勃起度でした。

そしてベッドへと移動し、私が仰向けになって再度フェラチオ。

今度は69の形となり、こちらもマミちゃんを責めます。

クリトリスが弱いのか、口に含んでクリ吸いをするとマミちゃんの動きは止まります。

フェラチオが中断されるのは残念なものの、感じ過ぎて動けないっていうのはアリ。

たまにフェラチオをするものの、すぐマミちゃんの動きは止まる。

これはこれで興奮し、69を続けました。

私の射精感が高まり

「マミちゃんごめん、そろそろイキそう」

と伝えます。

するとマミちゃん、

「ごめ~ん、私ばっかり気持ち良くしてもらってて・・お詫びって事でしちゃう?」

と本番のお誘いが。

そう、マミちゃんの方から求めてきたのです。

その言葉に甘え、ゴムをつけて正常位で挿入します。

さすが若いだけあり、ゴムありでも凄く気持ち良い。

69で相当感じていたからか、たっぷり分泌された愛液が愚息に絡みついてきます。

ただでさえ射精感があった所にコレですから、あっという間に射精直前まで高まりました。

しかしすぐ終わるわけにはいかない!とスローペースに変えて刺激を緩めます。

するとこれが良かったのでしょう。

マミちゃんの感じ方が今までと変わりました。

奥まで愚息が届く度、マミちゃんは腰をくねらせて切なそうな声をあげるんです。

まあその感じっぷりに興奮してしまい、すぐ出ちゃうんですけどね。

ゴム有とはいえ本番までさせてもらい、大満足でした。

ここまでは普通のラッキー体験という感じですが、本当にラッキーだったのはここからです。

マミちゃんから

「もう〇〇ちゃんとは会ってないの?」

と聞かれ、

「うん、前マミちゃんと会ってから半年ぐらいで終わったかな~」

と答えました。

すると

「じゃあ今彼女はいないの?」

とマミちゃんは聞いてきます。

まあ今フリーなのは間違いないし、

「彼女いないから、こうしてマミちゃんと会えたんでしょ(笑)」

と返します。

「そっか~。じゃあたまに遊びに来てあげようか?もちろんお店関係なく」

と何やら嬉しいお誘いが。

こうしてマミちゃんと連絡先を交換し、その後も度々会うように。

マミちゃんとの関係は三か月程で終わってしまいましたが、週2~3ペースで楽しませてもらいました。

お互い仕事が終わるのは夜中でしたし、時間帯が合ったんですよね。

安全日は生でしたり、翌休日ならお泊りしていく事も。

ほんとラッキーでした。