デリヘル嬢と同じ趣味がきっかけで

閲覧数:25 ビュー 文字数:2342 いいね数:0 0件

カメさんと申します。

デリヘル嬢とセフレになった体験談を書かせていただきます。

20歳の頃、人肌恋しくなり、デリヘルを利用。

21歳のスレンダーボディで、新人というワードにひかれ光の速さで電話しました。

30分ほどしてインターホンが鳴りデリヘル嬢(Mちゃん)が到着。

デリヘルではよくあることで、プロフィールに書かれたとおりの娘が来ません。

スレンダーというにはちょっと無理があるぽっちゃり系(よく言えばグラマラス)

顔は、クラスによくいる可愛くもないけど特別ブスとも言えない感じでした。

ですが顔はロリ系、18歳といっても納得できるほどだったので、チェンジせずにそのままプレイ。

プレイ内容は、テコキ、フェラ、ごっくんとスタンダードに。

あわよくば本番まで出来たらなぁなんて思いながらも、怖いお兄さんが出てくるなんて話もよく聞くのでぐっとこらえました。

プレイが終わり30分ほど時間があったので、Mちゃんと趣味について会話していました。

共通の趣味で、「世界一初恋」という漫画があり二人して熱く語っていました。

お迎えの時間が近いてきたころMちゃんから。

「この趣味で話せる人いないから、また今度語りあおう?」

とラインIDの書かれた名刺を渡されました。

この時は(こうやって客を増やすんだなぁ)なんて思っていましたが、男ってのは単純なもので、Mちゃんが帰って速攻ライン登録をしてメッセージ送信。

その日はお礼メッセージと胸元アップの写真が送られて。その日のオカズになりました。

1週間ほどラインでやり取りをして、オナニーでは満足いかなくなったころMちゃんに

「Mちゃん指名していいかな?この前と違うプレイしたい」

とメッセージ、すると

「指名してもいいけど、カメさんとだったらプライベートで会いたい」

とメッセージ。

正直騙されてるんじゃないかと不安になりました。

デートと言いつつ高級焼肉や、ブランドものを買わされるのではないかと。

が、やっぱり男は単純で、理性より股間が先に行動します。

光の速さで返信しました。

2日後にデートの約束をし、駅前で待ち合わせ。

デリヘルとして家に呼んだ時とは全く違う、カジュアルな服装でギャップ萌え。

デートの内容は映画を見てからランチ、ゲームセンターなどに行きましたが、血液が股間に集中していたためか、内容をほとんど覚えていません。

夜8時ころ、そろそろ誘えるかなぁなんて思いつつ
「ちょっと休憩してく?」

なんて漫画みたいな感じでラブホへ誘導。

なんの抵抗もなく入れました。

部屋に入り、ソファに着席。割と大きいソファなのに、自然とくっつくように座ってきたMちゃん(惚れてまうやろ~)が脳内再生。

1時間くらいは漫画などの話をしていましたが、勢いに任せてキス。

「ベットに行く?」

とMちゃん。

私は頷きベットまで手をつなぎながら移動。

シャワーを浴びることもなく、20分くらいはディープキスをしていたと思います。

Mちゃんがそっと股間に手を伸ばし、ズボンの上からスリスリ。

「ちゅーだけでおっきくしちゃったの?」

と可愛く首をかしげながらこちらを見つめてきます。

首やら耳やらをねっとり舐められ、興奮がマックスに近づくころ、それを読み取ったかのようにMちゃんはズボンをそっと脱がせます。

カメさんの息子を優しく握り、唾液をローション代わりに手コキ開始。

「すぐイっちゃうかも」

と言ったら少し笑って、フェラしてくれました。

Mちゃんはフェラの時に唾液をたっぷりためてから咥えるので、ぐちゅぐちゅ音をたてながら素早く出し入れしたかと思えば、舌を使ってカリ部分を攻めてきたりと何度も寸止めをされたのちに待望の本番プレイ。

Mちゃんは生理周期のコントロールでピルを服用しており、生で挿入れさせてくれました。

本番経験は少なく、騎乗位などは苦手でしたが。

いつものテクニシャンなMちゃんではなく、一人の女の子としてMちゃんを見ることができ大興奮。

一番興奮した体位はバックで

「それだめぇ~」

なんていうMちゃんの言葉を無視して無限ピストン。

出し入れするたびに、びちゃびちゃと音を立てており、それが余計興奮を誘います。

人生で初めて、挿入れたまま潮吹きまで出来ました。

フィニッシュはもちろん中出し。

その日は疲れたのでステイで夜中の3時までHしてました。

ホテルへ行った日から2週間ほどラインだけでのやり取りでしたがMちゃんから宅飲みのお誘いがあり、カメさんの家へ招待。

酔っぱらったMちゃんに大興奮し、何も言わずにリビングのソファで手マン開始。

何度か潮吹きをさせたのちにフラフラのMちゃんを連れてベットへ。

この時にカメさん気づきました。

「あ、これセフレだ」と。

この後も2週間に1回ほどのペースで会い、Hしてましたが、1年ほどして彼女ができたのでやり取りをしなくなりました。

何度かデリヘルを利用したことはありましたが、Mちゃんのようにフレンドリーな対応をしてくれる人はいませんでした。

今でもデリヘルを利用したいなと思うときはありますが、今は結婚しているので我慢しております。

若き日の良い思い出は、オカズとしていまだに役立っています。