元美容師のデリヘル嬢

閲覧数:10 ビュー 文字数:1894 いいね数:0 0件

40代の頃、よくデリヘルに行ってました。

都内なので渋谷、新宿、池袋はもちろんですが、個人的にホッとできるのは五反田か鶯谷。

あまり人気もなく偶然知り合いとばったり会うなんて心配がないからなのか、特に鶯谷が多かったですかね。

あまり自分の住まいや職場に近くない方が安心してハメを外せます。

おそらくそれはデリ嬢も同じで、聞いた話から分析すると山手線の反対側に勤務するイメージの子が多かったような気がします。

僕は井の頭線沿線なので渋谷側より上野側の鶯谷が人目を気にしないですむんですね。

ある日鶯谷のラブホでまったりデリ嬢とイチャイチャ、相手は自称25歳の元美容師さん。

小柄で華奢な娘ですが結構美人です。

色白でBカップってとこでしょうがちゃんときれいな形のおっぱい、僕好みの垢抜けたタイプ。

見た目がキャバっぽい子が多かったりするんですが、彼女は表参道あたりで歩いてそうなおしゃれな感じの子でした。

でもプレーはしっかり濃厚でエッチ、たぶん根がすけべなんでしょう。

一応ルールは守って本番はしないで終わりましたが、最後のベロチューでハンドジョブは恋人気分で気持ち良かったです。

少し時間が余ったので雑談に。

「ねえ、お菓子食べる?少しお腹すいちゃった。」

とバッグから取り出してくれました。

その時お菓子を入れてた袋がサミットの袋、近所にもあるスーパーです。

「サミット笑」

「近いの。家から1分だからいつもサミット。」

「おれんちも近くにあるけどおれは西友派だからな笑」

「え?私んちも近くに西友あるよ。」

「いや、どこにでもあるだろ西友ぐらいは。」

「オリンピックも成城石井もあるんだよ、だから便利なの。」

なんか嫌な予感。

いくら東京と言えどそんなに揃ってる街は多くありません。

なんとなく思い当たる節が。。。。

「ねえそれってさあ、杉並の方じゃねーの?」

「あったりー!よくわかったね。近くだったりして笑」

「いや、なんとなくそんな気がしてさ。苦笑」

とは言ったものの、どう考えても僕の住んでる近くに全部ある。。。

しかも他の街にそんなに揃ってないのも知ってる。

どう考えてもかなりの確率で同じエリアです。

「俺たぶんそんなに遠くないとこの住んでるわ。」

「えーーー!こんな偶然ある?もし見かけてもシカトしてね笑」

もちろんでしょう。

こっちはカミさんにバレたら最悪ですし。

それから数ヶ月後、すっかり忘れた頃でした。

仕事帰りに成城石井でお買い物。

肩をポンポン叩かれて振り向くと後ろに彼女が。

こんなことってあるんですね。

突然すぎて何喋っていいのか言葉に詰まりました。

店を出たところで彼女から

「ね、メアド教えてよ。今度飲も!もちろんどっか他の街で」

彼女なぜかとても友好的、後で思うと結構気に入られてたのかなと。

それ以来、たまに飲みに行ってはラブホに行く間柄になりました。

彼女は仕事じゃないからいいよと本番までOK、お小遣いもせびらないので飲み代だけで遊ぶ仲になりました。

デリじゃできないこともいっぱいやってくれてただただラッキー、しかも仕事っぽさがないので本当に愛人囲ってるような気分になります。

彼女は彼氏はいないみたいで仕事柄そんなに友達も作らないタイプ、昔の友達は忙しくて遊ぶ時間がないとか。

「奥さんがいるおじさんってちょっとからかってやりたい願望がある笑」

なんて小悪魔的な性格です。

僕はいつカミさんに見つからないかヒヤヒヤしながら家に帰るのに、彼女はきっとそれが楽しいんでしょうね。

僕らの不思議な出会いと関係はしばらく続きました。

お互いの家には行かないのがルール。

誘うのはいつも彼女からで、

「魚が食べたいな。」

とかメールが合図です。

1年ぐらい経った頃、

「そろそろ引っ越すね。少し遠くなるかな。」

そう言うと彼女はいつもよりも長い長いキスを求めてきました。

彼女と連絡がついたのはその日が最後、何か吹っ切る決心でもしたのでしょうね。

でももしかしたらまた街のどこかでバッタリなんてあるのかもしれませんね。

彼女とはそんな縁があるのかもしれないと少しだけ思ったりします。