癒し系のSMデリヘル嬢

閲覧数:84 ビュー 文字数:2543 いいね数:0 0件

僕は27歳の会社員でこうすけと言います。

会社員になってから東京の実家を離れて、埼玉県で一人暮らしをしています。

一人暮らしと言えばデリヘルです。

一人ものの男ならば、デリヘルを呼べば最高な気分になれます。

結婚する予定もないので、何年も週末の休みはデリヘルに呼んでいます。

デリヘル嬢によっては素股で「あっ、入っちゃった」とか言って、本番をやらしてくれたりしました。

そのせいか、僕がデリヘルに求めることは最近過激になってきています。

実は僕は、マゾなんじゃないかと考えていることがあったので、ある週末の休みにSMのデリヘルを利用することにしました。

SMデリヘルのサイトを見ると、怖そうなお姉さんの画像が並んでいたのですが、いきなり怖いお姉さんを呼ぶのは早いかなと思って、優しそうな顔をしたお姉さんを呼ぶことにしました。

26歳で本田翼をすごく小柄にしたようなショートヘアのデリヘル嬢がいたので、その女性を呼ぶことにしました。

最近のデリヘルは連絡するとすぐに来るようで、時間があまり経たないうち玄関のインターホンが鳴りました。

本田翼がすごく小柄なぽっちゃり体型になった女性が、笑顔で僕の家に入ってきました。

でも、実物をよく見ると、カーリングの本橋麻里に似ている感じで、年齢も30代かもしれません。

まあ、それでも全然僕のストライクゾーンです。

彼女はマリ(仮名)と読んでおきます。

「今日はSMプレイをするということですけど、体に軽い傷とかできても大丈夫ですか?」

と聞いてきました。

SMプレイは多少危険なことがあり、細かい注意点をいろいろ確かめてきます。

マリの話し方はすごく柔らかくて、癒し系の感じです。

本当にSMのデリヘル嬢なんでしょうか?

僕は

「体に傷ができてもいいですよー」

とか言って注意点を確認しました。

それからお互いシャワーを浴びてしばらくすると、僕はロープで縛られています。

マリの手際はかなり良くて、あっという間にロープで縛られて動けなくなっていました。

「あんたのその顔なんかむかつくのよ!」

いきなりマリは、怖い顔に豹変して罵倒してきました。

癒し系の雰囲気が全くなくなりました。

やっぱりマリはプロのSMデリヘル嬢のようです。

マリはムチを持ってバシン!と床を叩きました。

縛られて動けない僕の顔を手で掴んで

「どうよ?ああん?ムチで叩かれたい?」

とマリが言います。

「お、お願いします」

と僕がいうと、体をムチでバシンバシン!と叩かれました。

「あー?何にやけてんだよ!その顔むかつくんだよ!」

と、僕を罵倒しながらムチで叩き、平手ビンタもしてきます。

叩かれて痛いのですが、僕は勃起してしまいました。

「チッ、立ってやがんの!ペッ」

マリは唾を俺の顔にかけました。

やばいです。罵倒と痛みと唾かけで、なんか僕は感じています。

するとマリはオナホを持ち出してきて、

「これに入ってみな」

と僕のチンポをオナホに差し込みました。

マリは、雑な手つきでオナホを動かして僕のチンポを出し入れしています。

雑な手つきは何か不規則な動きで、さらにマリは嫌そうな顔をしていました。

それを見た僕はいきそうになりました。

「いっ、いっちゃいます!」

「あん?そう。ふん!ペッ!」

マリは再び唾を俺の顔にかけて、なんとも言えないマリの唾液の匂いが鼻に入ってきました。

もう限界で発射しました。

オナホは貫通式で大量に出た僕の白い液が、マリのオナホと手から溢れてきます。

するとマリは突然癒し系の顔になり

「うふふ。まだプレイをしますか?」

と笑顔で聞いています。

僕は顔面騎乗をお願いしました。

マリの少し濃いめの陰毛とまんこが僕の顔にかぶさってきました。

そして、顔騎しながらまたオナホで僕のチンポを手コキしています。

「ヤーね。また勃起してやんの。オナホ入れてやるから、ちゃんと私のまんこ舐めろよ!」

マリは再び怖い顔で罵倒して、僕は縛られた体で夢中でクンニをしました。

マリのまんこの匂いと、オナホの手コキでまた僕はすぐに射精しました。

「うっ、あん、クンニうまいじゃん。まだ勃起してるの?えっ、またいった?じゃあ、今度はオナホじゃなくて、私のまんこに入れてよ」

マリの怖い顔は、感じたのかちょっと赤くなり、すぐに騎乗位の体勢で僕にまたがりチンポを挿入しました。

「怖いマリ様に入れてもらってる!マリ様が自分から腰を振ってる!」

というので僕の頭はいっぱいで、すっかり僕はマリ様の虜になっていました。

騎乗位でまた射精してしまいましたが、僕の性欲はまだ収まらず、今度はマリ様を押し倒して正常位で挿入しました。

性欲はまだ収まっていませんが、4回目の射精まで行くのはさすがに時間がかかりました。

しかし、マリ様はまた癒し系の笑顔になり、感じだして

「アーン、こうすけくんのちんちん元気すぎい。いいよ、また正常位で出しちゃって」

僕の耳元で癒し系のマリ様の声がします。

僕はガンガン腰を振りまくり、4回目の射精をしました。

4回目はあまり精液が出ませんでしたが、マリ様は癒し系の笑顔で満足そうにしています。

「こうすけくんたら、反応がいいからいろいろサービスしちゃったよ」

と後で言われました。

僕がマゾなのは確かだったのですが、マリ様の落差の激しい2重人格のような豹変で、かなり僕のチンポは反応したようです。

それからSMデリヘルを利用するようになり、マリ様も何度か呼んでいます。

ロープで縛られると何日か体が痛いので、しょっちゅうSMデリヘルはできませんが、とにかくマリ様は凄かったです。