格安でそこまで…

閲覧数:56 ビュー 文字数:2023 いいね数:0 0件

その日はとても辛い日でした。

私は母をくも膜下出血で突然失い、意気消沈していました。

葬儀が終わり、一息ついて、、思い返せば、全然「そんなこと」をしていませんでした。

葬儀屋の受付の女性のあらわな足に一瞬ちんピクしてしまいましたが、そのような不謹慎なことは考えてはなりません。

思えば無意識のうちに数日我慢していたのでしょう。

当然、あくる日は堰を切った洪水のごとく性欲が溢れ出てきたのです。

今日はお店にするか、デリヘルにするか。。

うん、せっかく風俗街まで車で10分の距離に引っ越してきたんだし、今日は老舗の風俗街に繰り出そう、と意気揚々福岡県の老舗スポット雑餉隈へGo。

「キャン○ス2」というお店に到着。

なにやら古風な印象ですが、30分6,980円と手頃な値段。

階段を上がると、傘立てには数本の傘が。

待ちが長いのか。

しかしもうここまで来て後戻りするはずもなく。

「いらっしゃいませ」

と明らかにこの地域のやばいおっさんの声。

とりあえず初めてだったので

「30分フリーでお願いします」

と言うと、優しくお手洗いを促され、コロナ対策としてアルコール除菌をシュッと。

うん、素晴らしい対策ぶりだ。

「それではこちらでお待ちください」

と、通された待合室にはなんとラッキーなことに誰もいないではないか。

そうか。

たしかに今は緊急事態宣言の最中、世のちんピクおやじ達もさすがに今日は家でシコるのみなのか。

私はコロナをも恐れぬ英雄劉備玄徳だ。

と心で叫び、その時を待つ。

ドキドキするベルが鳴り響き、神の声

「お待たせしました」

と。

再度手にアルコールを振りかけられ

「当店の禁止事項を申し上げます。当店では本番行為、女の子の嫌がる行・・」

うむ。

もう分かっている。

私の気持ちはゴング直前のロッキーバルボアだ。

虎の目をしていた。

「こんにちは」

といよいよ嬢と対面。

おっ、、安い割には、ぽっちゃりだがなかなかかわいいではないか。

2009年頃の浜崎あゆみといったところか。

わたしはちょっとテンションがあがり、

「初めてきたけどかわいい子にあたってハッピー」

と言ってしまった。

なかなか礼儀正しい子だ。

「失礼致します」

と私のあそこをヌルヌルで早速掃除し始める。

突然の亀頭責め。

素晴らしい手の動き。

この時点で既に元は取った。

その後、こちらも防戦一方ではならぬ。

嬢のパンツに手をやると、ビショビショに濡れており、思わず

「欲しいの?」

と尋ねた。

すると、

「一応禁止されてるので、、」

と言うも私が

「じゃさっき亀頭をあんなにしこしこしたから、亀頭だけいい?」

と言うと、恥ずかしそうにコクリ。

思わず笑みがこぼれた。

「いただきます、、」

ぬるっと最高の感触。

ぽっちゃりだか締まりはよく、これはもたないぞ。。

隣の部屋に漏れてしまいそうなほど、私はパンパンパンパンと激しく突き上げた。

「声だめ声だめ」

と、嬢は自分に言い聞かせながらも、確実にその喘ぎ声は漏れていた。

私はこのままではボーイに厳重注意をくらうのではなかろうか。

その不安よりも、快楽が勝った。

頂上まできた時、とりあえず聞いてみた。

「中に欲しいの?」

と。

彼女は

「う。うん。。」

と言ってくれた。

私は、これも母からのプレゼントなのかと思い、それを甘んじて受ける事にした。

思いっきり中で放出。

最高だった。

7,000円で中だしができるとは。。

「超気持ちよかったよ」

と言うと

「私も。」

と。

最高だ。

そして勢いに乗った私は

「ライン交換しようか」

と、確実にダメ元で言ってみると、おもむろに名刺を取り出した彼女は

「ここにID書くね」

と快諾してくれたではないか。

衝撃だ。

わずか7,000円で、セフレゲットなるか。。

「本当にありがとう」

・・そして今、彼女は出勤前やアフターに、僕の家まで来てくれ、まさに「無料デリヘル」化してしまった。

最高だ。

その子には子供がいる。

ラインの投稿にかわいい娘さんの写真や動画が。

ごめんね。

お母さんに中だししちゃった。。

しかし、私はやはり変態。

いつしか、このかわいい娘さんも、お仲間に加えたいものだ。