コロナ禍が招いた超ラッキー

閲覧数:282 ビュー 文字数:2575 いいね数:0 0件

デリヘルにはまっている58歳男性会社員です。

デリヘルのいいところは思いがけない上玉に当たることが多いことでしょうか。

あと、思いがけずとてもおいしい思いをすることもあります。

もちろん外れもあるのですが、それでも何が出るかわからない感がたまりません。

ゆえに私はデリヘル来るおから足を洗えずにいるのです。

怖いもの見たさですね。

本当に怖いものが出たならば、がっかりしますけど。

さて、何が上玉で、何がおいしい思いなのかは人によって千差万別だと思うのですが、私の場合は若くでカワイイ、学生と当たった時が、まさにその時でしょうか。

JC,JKはさすがにまずいです。

好きなんですけどね。

でもリスクが大きすぎます。

よって私の場合はJD。

女子大生とのデリヘルプレイが私の人生のすべてといっても過言ではないかも。

困ったものです。

今からちょうど一年前くらいでしょうか。

コロナ禍の緊急事態宣言が発令され、其れはこの地方都市にも影響が伝播し、てんやわんやになっていたころの話です。

影響で派遣型のヘルスなどはかなりひっ迫していたようです。

それを、最前線に立つ私はひしひしと感じていました。

こんなことくらいでデリヘルが無くならなければいいなと。

無くなった時はコノヤロ、コロナの分際でと声を上げてやる、そう心に誓いもしました。

そういう大変な業界や、貴重な従事者を救済、応援するぞという志をもって..いたわけではないのですが、ひたすら自身の欲望充足のために、ことあるごとにデリヘルを頼んでは抜きまくっていました。

ある時、学生をオーダーしたのですが、それにもまして学生臭いというか、見方によっては田舎の中学生にしか見えない女の子が来て大変びっくりしたことがありました。

やばいんじゃないか、これは、みたいな。

恐る恐る聞けば一応大学生で、奨学金で進学したもののコロナ禍でアルバイトがなく、仕送りも少なく、生活が大変とのこと。

なので大きく稼げるアルバイトをするしかないと割り切りましたとのことでした。

貧窮し体を売るという発想が昭和的で、なんかすごく感動してしまいました。

そこで私は、その弱みに付け込んでみようか、いやいや、もとい、あしながオジサン的にいい人になろうかと思い、

「フェラの後、本番やらせてくれたらもっとお小遣いを上げるよ」

と提案。

最初は渋っていましたが具体的な数字を提示すると誘惑に負けた様子で承諾、商談成立です。

いやあ、本当にコロナ万歳です。

コロナがなかったらただのフエラで終わっていたのに。

それがコロナのおかげで、女子大生と本番です。

その代わり彼女は

「ゴムはつけてください、ナマはダメ」

「中出しはダメ」

と条件を付けてきたので、

「それぞれの条件をクリアしてもらえると、それぞれについてもう●万追加しますよ、君の生活苦しいんでしょ。少しでも足しになったほうが助かるでしょ」

と提示。

しばらく考えていましたので、

「おじさんは家内の命令でパイプカットしているから精液の中に精子がいないんだよね、ニンシンさせられないんだよね」

と、おもむろにささやきました。

それが背中を押したようで了承。

商談再成立です。

ということで、19歳の苦学生とのデリバリーヘルス、ならぬデリバリーセックスが始まりました。

本来的に私は、キャミソールとパンティだけの姿でフエラさせるのが大好きなんですが、今回は生本番ということなので、ブラジャーだけの姿にさせて、パンティは全部脱がずにくるぶしに絡みつかせておくスタイルでイマラチオからスタート。

思いっきり喉奥まで含ませたら、ものすごい勢いでむせ返しました。

涙目で何をすると無言の抵抗ですが私はいとも介さず彼女をベッドに誘導して、仰向けに寝かせました。

50の中年男と19歳苦学生少女とのいやらしい生本番セックスの開始です。

肌をくまなく嘗め回し、口づけの雨を降らせ、秘部を押し開き顔をうずめ、舌でさらに門を押し広げ、ブラを上にずらせると、淡い茶色の乳輪全体を口に含み、唾液で湿らせて、大きな音を立てて吸い、乳首を舌で転がし、わずかな谷間に顔をうずめる。

最高です。

さすがに若くてほとんど手が付けられていない肉体は絶品。

高校生のように青くもなく、成人のように熟しきっているわけでもない。

それに男性体験が少なく、開発されていない。

例えれば踏み荒らされていない大地といいますか、穢れをほとんど知らない大地なのですね。

その大地を金に任せて思う存分踏み散らし、踏み固め、蹂躙し、汚し、犯したわけです。

こんなセックスは久しぶりだったので、私はたまらなくなってしまいいきなり絶頂へ。

あっという間に射精です。

恥ずかしながら。

もちろんフィニッシュは、最もデリケートなところへと、生身で、いままで受け入れたことのない男性の熱く滾る体液を、どす黒く汚らしい中年男の精液を、たっぷりと、どくどくと流し込み、子宮を精液であふれかえらせました。

穢れなき膣から逆流する白濁体液、お前の体をけがしたよと、男の刻印をしかと押したのです。

約束の金額を支払い、

「もし良かったら付き合いませんか?私はお金持ちなのでお金でいい思いはさせられると思いますよ。まあ、困ったらまた連絡しておいで」

と告げました。

今後社会に出ても、もっとハードな場面が待ち受けているとは思います。

社会は戦場、荒波です。

その先例として受け止めてもらえばいいかなと。

え、全然あしながオジサンじゃない?そりゃ当たり前でしょ、女子大生が生でやって、中に出していいってんだから。

男が男にならなくてどうするんですか。

据え膳は食うべきです。

さあ、交換したLINEアカウントに、早速連絡してみますか。